スポンサードリンク

腰痛になってしまった原因を考える

腰痛対策で腰痛グッズを購入する際には、自分はいったいなにが原因で腰痛になったかを考えることも大切になります。

たとえば姿勢が悪くて腰痛になった時は、姿勢を矯正するような腰痛グッズを購入します。ただ腰が痛いからといって症状も考えずに腰痛グッズを選ぶことは意味が無いといえます。

腰痛 対策で腰痛グッズには悪い姿勢のため腰痛になった人向けに販売されているものが複数有ります。

腰痛対策用に一般的に販売されているものは、丸くなった姿勢を伸ばす事によって正し、腰痛を改善していくという物です。ただここで気をつけてもらいたいことがあります。

腰痛対策で腰を伸ばしたからといって腰痛は治りはしないんですね。なぜなら筋肉や関節はしばらくしたら元に戻ってしまうからなんです。

姿勢を改善する腰痛グッズを購入したならば、毎日継続しじっくりとストレッチすることが必要です。三日坊主ではせっかくの腰痛を和らげるチャンスがなくなってしまいますね。

腰痛グッズで腰をストレッチする場合の注意点は他にもあります。

これはどのストレッチにも共通することなのですが、呼吸をしっかりと意識して行い、それから伸ばしたいところに意識を集中させて行う、この2点が腰痛対策では重要です。

腰痛対策で何も意識しないでストレッチを行うことほど危険なことは有りません。せっかくの腰痛グッズで更に腰を痛める可能性がでてきます。しっかりと意識しながらストレッチしましょう。

腰痛対策に腰痛グッズはどのような機能があるの

腰痛対策に腰痛グッズはどのような機能があるんでしょう。

腰痛対策で腰痛グッズに求められる機能は、腰痛を根治させるものではなくて、日常の腰痛を軽減してくれるものとして捉えるのが一般的ですね。腰痛グッズに過大な期待を持つのは危険と言えるでしょう。

腰痛対策で腰痛グッズには、たとえば立ち続けると腰痛が出る症状に対し軽減させるものや座り続けると腰痛が出る症状に対し軽減させるもの、ぎっくり腰になった腰を支えるサポーターとしての物など色々な役割があります。

しかし腰痛グッズが全ての腰痛を軽減できるものではないと言う事は覚えておいてください。

腰痛対策で腰痛グッズを購入する際、その腰痛グッズが腰のどの部分をカバーするのか、どういった方法で腰痛を軽減するのかを、自分で認識しなければならなりません。

腰痛対策で腰痛グッズを選ぶ場合、自分の腰痛の特徴をきちんと認識しておくことは必要不可欠です。

自分の腰はどんな場合に痛みが出るかが分かっていない段階では腰痛グッズを購入すべきではないでしょう。

腰痛対策で整体院、整骨院、整形外科に行くときでもそれは一緒ですね。自分の症状は、自分の言葉でしっかりと説明ができるようにしておきたいものですね。

腰痛グッズが流行っていますが

腰痛対策に腰痛グッズが最近流行しているようですね。

日本人の生活様式の変化、長時間労働、食生活の変化、ストレス等から腰痛になる人が増えています。

その数は今や日本人の10人に1人は腰痛を感じていて、国民病といえるのかも知れません。

腰痛グッズに頼らなくとも腰痛は改善する事ができます。腰痛の大きな原因として血行不良があります。

このことは多くの人々が運動不足であることが腰痛の要因といわれています。歩く時間を取る人は腰痛になりにくいといわれてますが、それは第ニの心臓といわれる「ふくらはぎの筋肉」をよく使っているからなんだそうです。

腰痛 対策にはふくらはぎの筋肉をしっかり使う事で、ふくらはぎの筋肉が活発に動き、その活発化したふくらはぎの筋肉は、血液を次々に身体に循環させようとします。

血行が良くなると、腰部周辺にたまっていた痛みの物質が血液と共に流され、そのことで痛みが治まるという事になるんですね。

ただ多くの人々が腰痛グッズに頼らないといけないような状態に追い込まれていることも実情ではあります。

仕事や家事、育児で忙しく、なかなか充分に歩く時間を取れない方が多く、そこで気軽に空いた時間に腰痛ケアができる、腰痛グッズが流行るのもまた当然なのかも知れませんね。

腰痛対策にマッサージや整体は有効なのか

腰痛対策には、「マッサージ」や「整体」は有効な手段の一つとなる場合があります。マッサージや整体などを受けると「血行が回復」し、「疲労物質がながされ」身が軽くなったように感じます。でもその場では楽に感じても、しばらく経つと元の状態に戻ってしまう事が多いんですね。

治療院に通い続けることをオススメしたくない理由がいくつかあるのですが、マッサージの「効果の持続性」に疑問があるからなんです。

マッサージを受け、身体が軽くなっても一時的なものなのに、なぜ高いお金を払って通い続けるのか。

自分自身の力で疲労物質を流せるような能力を持たないかぎり本当の腰痛対策にはならないと思うのですが。

腰痛対策を良く考えることにより、日々自分の身体のことを見つめることが出来ます。

腰痛の原因だけに目を向けるのではなくて、いったい「どうして腰痛になってしまったのか」を考える事で、腰痛にならないような身体作りが出来るんです。

腰痛対策をちゃんとしていれば、少しの腰痛なら自分自身に備わっている力で改善出来るようになります。

全ての人々が悪化した腰痛で苦しむ前に自分自身で腰痛を改善する術を身に付けてもらいたい。それが「時間的」、「金銭的」、そして「心身面」でも「効果的」であることは明らかだと思います。

腰痛対策の根幹は、「早期発見」「早期治療」

腰痛対策の根幹は、早期発見・早期治療が一番です。「椎間板ヘルニア」のようなひどい症状になる前に、しっかりとした腰痛対策をするべききですね。今回は前回の「ひどい腰痛」で逃げ場がなくなる理由を解説したいと思います。

通常人間の身体には色々な逃げ場があるんです。人間の身体は「頭から足先」まで「らせん状に連動」していて、通常の健康を保っている人は、「しなやかな筋肉や靱帯、関節」を持っているため少しくらいの引っ掛かりなどは吸収する能力を持っています。ちなみに健康体の人でも、誰しも骨や筋肉の出っ張りはあります。

上記のように身体が全て吸収している為、気がついていないだけなんですね。

誰でも通常は逃げ場を持っているんですが、疲労の蓄積によって血行不足、発痛物質が溜まる事による筋肉の衰え、これらを長く放置しておくと筋肉が硬くなって、関節の稼動域が悪くなります。本来自分の身体にあるはずのしなやかさが無くなり、逃げ場をつくれなくなり、最終的に擦れた部分が炎症を起こすと、腰痛が悪化してしまいます。

つまり、誰しもが「ひどい腰痛」になってしまう危険性があるんですね。これまでの説明で「毎日のケアの大切さ」が分かっていただけたと思います。このような悪化した状態になってから「腰痛対策」に力を入れはじめても遅いんです。そうならない為にも日々の腰痛対策を是非心がけてもらいたいのです。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。